スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
怪しい株、その後
2007/08/23(Thu)
先日の怪しい株・・・
株元はがっちりしていますが、一抹の不安があり、ユッキーさんや珍さんに後押しされて、今日の夕方、鉢から抜いて見ました。
抜いて見て、ぼーぜんというか・・・やっぱりというか・・・またか・・・というか・・・

でも、最終的に抜いて良かった・・・・


根が完全に黒くなっていて、ぼろぼろ状態です。

18990.jpg

汚くなった根を取れるだけ取って、根荒いしたら、何とか、元気な根も残っていました。

18987.jpg

黒くなった根の先もカッターナイフで切ってみましたが、白い線で囲んだような、根の中央が黒くなっている所は、病気が浸透しているのでしょうか?
18988.jpg

この中心が黒くなった根も切り刻んでしまうと、根っこがなくなってしまいそうです。
どなたか、ご存知の方がいらしたら、ぜひコメントいただけるとうれしいです。

いつもはダコニールの液につけて、植え替えするのですが、今日は、マイシン系の希釈液に30分ほどつけて、小さめのビニールポットに植え替えました。

スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(14) | ▲ top
<<植え替え10日後 | メイン | 怪しい株>>
コメント
-  -
MIKIさん   こんばんは

良かったですね 大丈夫そうですネ!
水捌けの良い用土に浅植えにして水をあげたら
日陰で乾燥気味に管理すれば復活しそうです。
来期は ・・・ 様子を見てください。

又立派な花がきっと見れます ・・・ 祈っています

失敗して ・・・ 工夫をして 成功です・・・
まだまだ判らない植物だから 楽しいのではないですか?  
数年前に交配した種が 開花 楽しい

楽しい事を考えて 前進あるのみなんて  
自分に言っているのですが、宜しくお願いいたします 
最後は、愛情  世話のかける時間 回数では・・
2007/08/23 20:29  | URL | ユッキー #q1cvaNjE[ 編集]
-  -
ありゃー、ずいぶんスッキリしましたね。
中心の黒いのですが、ヘレボに当てはまるかわかりませんが、
アツモリソウでは植え替えの時痛んだ根を切ってみて、
中心の黒いのを残さないのが成功のカギです。
でもヘレボの場合はどうかなと考えてしまいますね。
ランの場合だと切れた根の先から新しい根が伸びてきます。
ヘレボはどうだったかなぁと、
でもヘレボは意外と強いですから、ユッキーさんの言うように、
管理すれば復活すると思いますよ、頑張って下さいね。
2007/08/23 22:12  | URL | 珍 #EBUSheBA[ 編集]
-  -
ユッキーさん、おかげ様で、対応が早かったので、元気な根が残っていました。
これ、もう少し様子を見ていたら、きっと、元気な根もあっという間にだめになっていたでしょう。
水はけの良い土で、浅植えにして日陰で、乾燥気味で育ててみます。

ユッキーさんも、自分で交配された花が咲き始めているのですね。
手塩にかけて育てた花が咲くのはとても楽しみだと思います。
わたしの場合その楽しみは再来年あたりからなので、楽しみはちょっとおあづけです。
それでも、来期は我が家のこぼれ種からのどんな花が咲くかわからないものがはじめて咲きそうなので、それはそれでまた楽しみでもありますね。
ユッキーさんの交配の開花、どんな交配からどんな花が咲くか、わたしもとても楽しみにしています。
2007/08/24 07:01  | URL | MIKI #EBUSheBA[ 編集]
-  -
珍さん、おはようございます。
ずいぶんすっきりしましたが、今まで、だめにした株では、こんなに根が残っていたことは無かったので、わたしとしては、早期発見で、根がたくさん残っていて良かった~って感じなんです。
ありがとうございました。
この株は根性で復活させたいと思っているのですが・・・

今回マイシン系の消毒をしてみましたが軟腐病はマイシン系ですが、ただ単に根ぐされの時はダコニールの方が良かったのでしょうか・・・
また、勉強せねば・・・

土の配合も、今回は腐葉土とマグアンプは入れませんでした。

私の場合、土の配合と水遣りが問題なのかも・・・
珍さんの究極の土の配合、秘密ですか?
できれば、こっそり教えて欲しいです。
2007/08/24 07:07  | URL | MIKI #EBUSheBA[ 編集]
-  -
MIKI さん  こんばんは
ブログが 10,000件を超えようとしています。
2006年11月24日にUP  して ・・・9ヶ月

勝手に言っている我が家の宝を UPしてます。

用土の水捌も大切ですが
程よい水遣りが大切のような気がします

梅雨から夏の管理   ・・・  マダマダ素人です。

一番は光  ”風”  ”肥料” 一番は”愛情”かな
2007/08/24 20:31  | URL | ユッキー #q1cvaNjE[ 編集]
-  -
ユッキーさん、この前、プログ開設をされたばかりなのに、もう1万件なんて、すごいですね。
おめでとうございます。

今、ユッキーさんのプログ見てきました。
お好みのお花がアップしてある記事にコメント残してきました。
ユッキーさんのお花、どんどん紹介してくださいね。楽しみにしています。
2007/08/24 21:01  | URL | MIKI #EBUSheBA[ 編集]
- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/08/24 22:57  | | #[ 編集]
- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/08/25 09:38  | | #[ 編集]
-  -
MIKIさん、こんばんは~
うちの「春の植え替えで根を傷めて根腐れになってしまった数株」は、独特の管理法で回復してきました。
まだまだ厳重管理下に置いていますが、冬になる頃には『終息宣言』も出せるのでは・・・
MIKIさんも頑張ってください!
2007/08/25 20:44  | URL | shino #bshR9Qc6[ 編集]
-  -
shinoさん、こんばんは。
独特の管理方法・・・どんな方法なんでしょう?
とても気になります。
でも、収束宣言ができそうなのですね。
良かったですね。
私は今日も1株、手当てしました。
患部を切り取って、腐った根を切り取っていると、ぽろっと株が2つや3つに分かれたりして、だんだん小さな株になってしまいました。
結構養生している株が増えてきていますが、その中の1つが、今日、天国に行ってしまいました。

今年きれいに咲いていたデュメ・・・かなり凹んでいます。

根ぐされになっているものは、鉢の中がじとじとしていて、私は、きっと水のやりすぎなのではないかと思っています。
2007/08/25 22:00  | URL | MIKI #EBUSheBA[ 編集]
- 差を探しましょう -
MIKIさん、こんばんは。大地です。
そうなんですよね、大事な株ほど亡くしてしまうんですよね・・・私も多々失敗をしておりますが、大地の場合、手のかけすぎが原因でした。大事な株ほど水や肥料をあげすぎたり、手入れをしすぎたりで逆をやっておりました(^^;)これをバネに頑張るっきゃありません。元気な株との差の中にきっとヒントがあると思います。
わざと差を与えて、どっちが良かったかとかもいいですよ!
HPやBlogの充実すごいですね、これだけの情熱がるのですから必ず抜け出せますよ(^-^)ピンチの裏にチャンス有りです。
交配も頑張りましょう、夢と希望がたくさん詰まっているよね!
2007/08/26 21:45  | URL | 大地 #mQop/nM.[ 編集]
-  -
大地さん、こんばんは。
書き込みありがとうございます。
大地さんのプログ、いつも拝見していますが、いつも熱い討論が交わされていて、初心者の私は圧倒されています。
軟腐病友の会の内容も、何回も読ませてもらいました。
枯らした原因を知るには、枯れた株と枯れなかった株の違いを探すことですね。

私も、いろいろ考えてみたのですが、どの鉢にも均一に水が底から流れるようにたっぷりあげていたのが、失敗の原因だったように思います。
根ぐされや軟腐病になった鉢の中はじとじとしていました。後、鉢をひっくり返した時、株元や鉢の隙間から、だんご虫が出てきたものもあります。
だんご虫は、ヘレボの茎や葉は食べないと思っていたのですが、これも原因なのでしょうか。
ともかく、虫に食べられたり、傷口から病気の菌が進入して病期になるらしいので、害虫予防も大切なんですね。

交配も、大地さんの影響が強いかも・・です。
自分で交配してみて、本当にどんな花が咲くか、開花がとても楽しみです。
2007/08/27 21:42  | URL | MIKI #EBUSheBA[ 編集]
- ダンゴ -
MIKIさん、こんばんは!
水のようですね、原因らしき物が見つかって良かったです良かったです。ホントに水やりって簡単そうで難しいですよね、頻度、土質、葉量、風通し、でバランスが変わるもんね。大地家では水を与えたくないのに家族が気を利かしてくれちゃったりして(^^;)あはは
害虫に関する考え方は大地は大変ラフです(笑)虫は自然の一部ぐらいに思っていて、少しぐらいのアブラムシは放置です。あまり参考にならないかもしれませんが、わが家の鉢の中にもダンゴ虫がたくさんいますが今年は軟腐病は出ませんでした。でも濡れた傷口の上を歩く虫は危険ですヨ。ともあれ虫を全滅させるわけに行かないので、傷口の乾燥に努めてみました♪
いつかMIKIさんの交配のページが完成することを楽しみにしています(^-^)がんばろうね♪
2007/08/28 21:04  | URL | 大地 #mQop/nM.[ 編集]
-  -
大地さん、こんばんは。
今年は、けっこうたくさんの株を軟腐病や根ぐされでだめにしたので、どんな株が病期なのか、なんとなく解るようになりました。
様子が変っと思った時点で、即対応しないと、あっという間にだめになってしまいます。
おととしの反省点は、腐葉土の入れすぎでしたが、今年の反省点は、みずのやりすぎです。
特に暑い場所に置いたものは水遣りをよほど注意しないといけなかったようです。

去年も交配しよう、しようと思っていたのですが、いつの間にか花も咲き進んで、交配できなかったのですが、今年は、気合を入れて交配してみました。
してみたら、ちょっと多すぎました・・・
でも、、どの交配も、どんな花が咲くのかとても見てみたい心境です。
でも、数に限りがあるので、中でも特に、自分で作ってみたい花に重点をおいて、渋系、小輪系、ピコ系、原種、そして、香りの出そうな交配の種は、頑張って育ててみようと思っています。
2007/08/28 23:47  | URL | MIKI #EBUSheBA[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。