スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
花芽?♪
2008/10/30(Thu)
花芽、みっけ♪

90411.jpg

↓ルーセブラックです。
つぼみが白い?

90412.jpg
↓消毒をしたので、葉が白くなっています。

90413.jpg

後、ジョーセレクトは、もうずいぶん前からつぼみがついていました。


今の季節、灰色カビ病になって、葉の先が黒く濡れたようになっているものがあります。
見つけたら、ちぎって取り除くようにしていますが、つぼみができる前にしっかり消毒をして、病気をなくしておかないと、病気になったままお花が咲いてしまうと、花びらもくすんだようになってしまいます。





番外編
Yさんから頂いた球根からこんな素晴らしい花が咲きました。

90364.jpg



スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(8) | ▲ top
発芽の様子
2008/10/30(Thu)
10月23日の火曜日に08年の種まきの発芽の様子の写真をアップしていたのですが、その1週間後の28日にも写真を撮ったので、1週間でどのくらい成長したか比較してみました。

↓10月28日(火曜日)

90401.jpg

↓10月23日(火曜日)

90356.jpg

1週間で、かなり発芽してきました。
また、来週の火曜日に写真を撮りますね。
この記事のURL | 未分類 | CM(6) | ▲ top
chikoさんに頂いた種から育てた苗の様子
2008/10/28(Tue)
火曜日は、仕事がお休みで、庭作業ができる日です。

朝は、すごく肌寒く感じて、早めにヘレボの植えかえをしないと、どんどん寒くなるなあと思い、今日やってしまう事を2年苗のポットあげに限定して、頑張りました。

する事を決めて取りかからないと、見回りしたり、草引きをしたりして、何もしないで1日がすぎてしまうことが多いです。

で、頑張りました。

今日は、おととしにchikoさんから頂いた種から育てていた2年苗を全部ポツトあげ、そして、若様や、夢花人さんから購入した種から育てていたもの・・・などなど゜。

それで、今日はchikoさんから頂いていた種から育てていた苗について記録しておきます。

まず、植えかえ前の様子。
90389.jpg
1ポットだけ、枯らしてしまったようです。(ゴメンナサイ)

上から見た様子。
90390.jpg

大きいものもありますが、全体的に今期開花するには、少し小さい感じです。
chikoさんやMikeさんに頂いた種は、とても大切に育てたので、当時は大冒険の早期発芽もしていなくて、普通播きです。
今だったら、早期も少し自信がついてきたので、早期にしていたら、もう少し大きくなっていたかなあと思います。

90391.jpg


この前から、2年苗の植えかえをしているのですが、春にポットあげしたものは、あまり根が張っていないので、これからは、秋に植えかえて、1年育てようと思って、ほとんどのものを5号ロングスリットに植えかえしました。

↓半分ほど、デッキの階段に並べて記念撮影です。

90392.jpg

↓4株だけ、5号ではあまりにも大きすぎたので、4号ロングにおさまってもらいました。
90399.jpg

では、chikoさんの交配を紹介しましょう♪

↓糸ビコダブルと糸ピコセミダブルの交配。
この当時、chikoさんの糸ピコにうっとりでした。
そして、セミの糸ピコは、うもーりーさんで、一足先にchikoさんちに買われていった、私も一目ぼれのセミでした。
きっと、ピコで咲いてくれると期待しています。

90393.jpg

↓ピンクのフルスポットのとてもかわいいダブルの花の種

90394.jpg

↓ネクタリーがハートの形をしたセミダブルの花。
とてもかわいいお花でした。

90396.jpg

↓イエローセミダブル。
去年も、この親の株を展示会で拝見しました。
とてもかわいいセミダブルなんですよ。
親に似た可愛いお花が咲きますように。

90395.jpg

以上、4種類なんですが、全体的に少し小さい感じなんですが、植えかえしている時、黄色のセミの小さな苗の株もとでぷくって膨らんだ芽を発見。
↓何枚映してもピンボケになったのですが、この小さな赤い芽が花芽だったらいいなあ?♪
90398.jpg




今日は、本当頑張ったのですが、やはり途中で土が足りなくなりました。

私は、衣装ケースで土を混ぜていますが、今日は、衣装ケースに4回土を作って、最後に植えかえしたものを数えたら115鉢でした。

そして、植えかえた鉢を並べた庭を見て・・・

・・・・まだ余裕があると思っていたけど

・・・・ヘレボ地獄にどっぷり嵌ってしまっている事を実感してしまいました・・・・(汗)

90400.jpg

しかし、せっかく植えかえたのに、こんな風に地べたに並べるのは土の跳ね返りがあって宜しくないので、置き場所を考えないと・・・

今度の休日は、鉢を持っての大移動になりそうです。



そして、今年は、ミニチューリップ(原チュー)を植えようと、球根をたくさん買ってきているのですが、植える場所が無い ! ! !

どないしょ??

↓可愛い原チューの画像
いろいろあるんですね?

90388.jpg

そして、原シクもポチってしてしまったし・・・・

ええい?、やぶれかぶれだ??   考えない事にしよう・・・・



この記事のURL | 未分類 | CM(10) | ▲ top
こぼれ種特集
2008/10/26(Sun)
黒種草さんのとこで、こぼれ種から育った苗について記事がありましたが、我が家でも、こぼれ種から、たくさん育っています。

今日は、雨が降っていたので、お掃除もしないで写真を撮ったので、落ち葉だらけで汚い庭丸出しですが、こぼれ種特集の写真をアップしてみました。

↓一番驚きは、水道栓のそばに置いたレンガとの隙間から芽が出ています。
ここには土はないはず・・・

90376.jpg

↓こんなとこにも・・・
このレンガの上にいつもヘレボの鉢を並べているので、それからこぼた種が発芽したのでしょう。

90374.jpg

↓石の囲いの外にも・・・

90381.jpg

↓槇の木の周りにレンガで囲っているのですが、レンガより↓は通路です。
レンガより上にいつもレンガに沿ってヘレボの鉢を並べていましたが、今年は、ちび苗があるので並べられません。カタバミや草もいっぱいはえています。

90380.jpg

↓これは、1メートル近くはあると思われる大きな果樹用の鉢でブルーベリーを植えています。
枯れたような枝はクレマチスのアラベラなのですがまだ枯れてはいません。この鉢の隣がガレージに上がる階段があるのですが、このかいだんの端にヘレボの鉢を並べていたので、それからこぼれて、たくさんのちび苗が発生。どこからきたのか草もたくさん。

90378.jpg

↓縦に立てた枕木の上に開花株を置くと、ちょうど、外の歩道から見える高さなので、ここにはいつも華やかに咲く花を置いていました。
その花からのこぼれ種から、左にも右にも、下の方にもたくさん育っています。
まったく放置なので、右側にはたくさんの苗がひしめきあっています。一部、すごく大きくなっていますが、これは、すでに2年は経過しているようです。

90370.jpg

↓玄関側の外から見える場所にレンガで少し高くして置いている鉢からのこぼれ種。レンガの周りにたくさんこぼれています。邪魔にならない場所なので、そのまま放置です。

90382.jpg

↓ガレージの上においている薔薇の鉢植えの中。
夏も炎天下なのに、大きく育っています。
2年前に、小さな苗が3つあるのは記憶していました。
このちび苗があったので、植えかえもできていなかったのですが、3つとも大きくなっていて、1つはダントツに大きいです。今期開花しそうな感じです。
そして、ここもやはり草がいっぱいです。
肝心のバラはフィリスバイト。

一昨日、株もとから大きな鉄砲虫を2匹、引きずり出してやっつけたところて゜す。
90377.jpg

↓これは去年小さなちび苗だったのが、1年で大きくなっているのでびっくり。
去年、ちび苗だった時の写真がありました。
これも、いくつかの苗の集合体です。

90379.jpg

↓最後は、去年も咲いていた、竜の髭の中におちたこぼれ種から発芽したものです。
通路の外で大きく育っているので、通るのに邪魔になっています。
90372.jpg

こぼれ種でも、結構育っています。
もちろん、自然淘汰されているものもあるし、草引きの時間違って抜いてしまったものもあります。
どんな花が咲くか分からないのですが、それぞれの場所で自己主張しているようで、抜けないのです。

我が家のヘレボは、ほとんど鉢で育てていると思っていましたが、こうして写真に撮ってみると、地植えのものもたくさんありました。


以上こぼれ種特集でした。
この記事のURL | 未分類 | CM(10) | ▲ top
発芽の様子
2008/10/23(Thu)
08年の種まきの発芽の様子です。

かわいい双葉が次々のぞいてきました。

芽が出てきたものから、左から順番に並べ替えています。

全体の様子↓

90356.jpg

更にズームイン↓

90355.jpg

更にズームイン↓

90354.jpg

きれいに、1粒づつ植え付けたつもりでも、なんかポットの中で偏っていますね。




ところて゜、種を植えつける時に1番長く根が伸びていた、それぞれの代表選手達のポットはというと・・・

成長がいまいちです。
マッチ棒みたいなのもあるし・・・↓
90357.jpg

この記事のURL | 未分類 | CM(7) | ▲ top
苗の荷造り
2008/10/21(Tue)
花壇づくりを頑張っている薔薇友さんに、クリスマスローズのちび苗を送ってあげることになりました。

まだ、ポツトあげをしていない小さな苗ですが、ちび苗を送るのは初めての経験です。

7.5センチと9センチのビニポットに5?10株位植え込んでいる苗です。

90353.jpg
90352.jpg
90350.jpg


1株づつなら、株の周りに濡れティッシュをぐるりと播いて、表面を覆ってしまえるけど、10株とか乱立していると、どうしていいか分からず、ビニールに入れて、輪ゴムで、少ししぼめる感じにして、そのまま、くくりつけてダンボール箱にガムテープで貼り付けてみました。

90349.jpg

土が見えているので、到着するまでにきっと土はこぼれると思われるけど、いいアイデアが浮かびません。

いい方法をご存知の方は、教えていただくとうれしいです。


話は変わって、ポットあげしていないちび苗(普通播き)の荷造りをしながら感じたのですが、今の次期は、新しい芽がしっかり出ていて、ちょっと大きくなっています。
先にポットあげしたものは、まだ芽が動いていないものだったのですが、今だに動きが無くて小さいままです。
芽が動き出したものからポットあげする方がいいのかなあ???

今日は、とても暑くて、庭のクリスマスローズ達も少しへたれ気味でしたが、夕方には、しっかりしてきていました。

この記事のURL | 未分類 | CM(8) | ▲ top
双葉が開いてきました
2008/10/16(Thu)
2?3日前から、双葉がしっかり開いてきました。

今年は、去年よりも、種を冷蔵庫に入れるのが2週間も遅かったので、双葉が開くのは、遅れると思っていたのですが、こうして可愛い双葉が見え始めると、うれしいものですね。

↓は、1交配の中で一番長く根が伸びたものを1つづつポットに植えたもの。
早く出たものから、上段の左から並べなおしました。

90336.jpg

そのほかにも、1交配5?10粒づつ植えこんだものも、発芽し始めました。

90337.jpg

90338.jpg


この記事のURL | 未分類 | CM(6) | ▲ top
一目瞭然
2008/10/14(Tue)
90333.jpg
90334.jpg

先日、木になっている胡桃の実を収穫した為に、くるみの樹の下から、広い場所に並べられた、07年採取のちび苗達。
すごい数でしょう(汗)

早期発芽で育ったものと、普通播きで育った苗が並んでいます。

どちらがどっちなのか、解説の必要は無いですね。

それにしても、普通播きの物は、もっと早くにポットあげしていたら、もう少し大きくなっていたのではないかと思って、前の記録をたどってみました。


すると、2008年3月23日でも、まだまだ小さな苗で、やっと双葉が開いた感じで、とてもポットあげ出来る状態ではありませんでした。

3月23日の様子

3月の終わりだと、もう少し成長を待ったとして、4月にポットあげをしても、すぐに季節的に熱い日になって、帰って植えかえをするとダメージが大きいのではないかと思われます。

去年は、大阪が全国一熱い地域だった事もあり、普通播きでは、やっとポットあげ出来る大きさになっても、すぐに熱い夏がやって来て、他の地域では秋になって涼しくなっても、大阪はいつまでも熱い。

ヘレボにとって、とても過酷な地域のように思います。


ただいいことばかりではありません。

早期発芽で、発根が遅れて、やっと双葉が開いたばかりで、厳しい冬になるとだめになるものが出ています。


ところで、ヘレボと関係ないのですが、今年初めて収穫した胡桃です。

90331.jpg



この記事のURL | 未分類 | CM(10) | ▲ top
冷蔵庫保存で皮が割れただけの種ははたして発根するか?
2008/10/13(Mon)
先日、冷蔵庫で保存していた種の種まきを終了しました。

今年の経験から、高温期間が足りていた種は、冷蔵庫の野菜室に入れて、1か月から、1.5か月で皮が割れはじめ、1.5か月から2か月で発根しはじめたようです。
成長の早いものは、2か月過ぎると、発がして双葉を見せてくれました。

8品種を残して、冷蔵庫に入れて、2か月でほとんどのものが発根していました。

ただ、中には、少しだけ、皮が割れただけで、根が出ていないものもありましたが、種まきを終了したいために、根が出たものと一緒に播いてしまいました。

そして、皮が割れただけの種を植え付けて、はたして発芽してくれるかどうか、経過を見るために札に記録をしておきました。

90335.jpg

上の方のポツトは、ピンクの小輪のシングルの花に紫のセミダブルの花の花粉を交配したもので、1回目の種まきの残りの種は4粒しか無くて、4粒播いた内、1つは発根ゼロ、1つが皮が割れただけのものとして記録しておきました。

もう一つも、9粒播いた内の1粒が皮が割れただけのものです。

2つのポットから、ちゃんと、それぞれの数だけ発芽してくれると、皮が割れただけのものでも、植え付け可能ですが、○で囲んだ数だけ少なく発芽した時は、皮が割れただけでは、だめということになりますね。
発根ゼロのものは、おそらく発芽しないと確信しています。

さあ、結果はどんな風になるでしょうか。

ということで、れいにさ?ん♪
種の数が少なく貴重な種だったらやっぱり根が出てきて植え付ける方がいいと思いますよ。

そして、まったく一粒も発根しなくて動きがなかった8交配ですが、今から考えると、シーズンの終わりころに咲いていたもので、交配したのも遅くて、おそらく、高温期間が足りていなかったのではないかと考えています。

今冷蔵庫に入れて様子を見ていますが、後1か月くらいでも発根しなかったら、再度高温処理をして冷蔵庫に入れるか、それとも、来年採取の種と同ように播種するしかないでしょうね。




この記事のURL | 未分類 | CM(6) | ▲ top
双葉が見えてきました
2008/10/12(Sun)
昨日、2回目の種まきを終了したのですが、半月前に第一回目に種まきをしたポットから、双葉が見えてきました。

今、緑の芽が見えているのはまだ2つのみです。

今年は、冷蔵庫に入れたのが遅かったので、発芽はもっと後になると思っていたのですが、緑の小さな芽が見えてくると毎日が楽しみになってきます。

90326.jpg
この記事のURL | 未分類 | CM(4) | ▲ top
種まき終了
2008/10/12(Sun)
08年採取の種まきを昨日で終了しました。
今年は、忙しかったので、種の管理が万全ではなくて、途中でいくつか腐らせてしまったので、すべての種を冷蔵庫に入れて保存した為、普通播きの種はありません。

いつもは7月25日を目安に冷蔵庫に入れるのですが、ばたばたしていて、8月8日に、冷蔵庫に入れて1か月半たった時に発根していた種を播きました。丁度、種まきに適した秋分の日当たりで、ちょうど涼しくなっていた時でした。
その時は、全体の3分の2ほどの交配種が発根していました。

そして、昨日がちょうど2か月ほど経過していて、冷蔵庫保存していた残りの種で発根したもの、皮の割れたものをすべて播きました。

今年は交配を減らしたつもりでしたが、それでも60くらいの交配をしていて、ほとんどのものが2か月で発根していました。

8交配のみ、2か月たっても、全く一粒も発根していないものが残りました。皮も割れていません。
この8交配は、5月の最後まで咲いていたものなので、高温処理が足らなかったのではないかと思います。

残りの種は、そのまま冷蔵庫に入れましたが、去年の経験からすると、今後も発根は難しいかもしれない気がします。


90328.jpg

この記事のURL | 未分類 | CM(2) | ▲ top
ポットの大きさと苗の成長の違い
2008/10/09(Thu)
火曜日は、2年苗と開花株を植えかえたのですが、ちび苗も懲りずに植えかえしました。

2007年は、すべての種を半分づつ分けて、早期用と普通播きように分けたと思っていたのですが、よく考えたら、5粒を早期にして、残りを普通播きにしていました。

年を取ると、思い違いが多くなって困ってしまいます。

早期の方はすべてポツトあげ終了です。

そして、普通播きの方も、お友達から頂いた種や購入した種から順番にポツトあげをして、早期と重複したものも少しだけポツトあげをしています。

普通播きのものも、本命として、5粒(予備を含めて7粒)を2.5センチのビニポットに播き、残りのものは、数が多いので、ちょっと大きめの9センチビニポットに播きました。

そして、先日も書いたように、早期の方が順調だったために、普通播きのものは、ずっと放置状態でした。

植えかえをしていて、2.5センチと9センチポットの成長に大きな違いがあったので記録しておきますね。

まず、放置状態だったポツトの画像です。
同じ日に、同じ交配の種で、赤玉小粒だけにマグアンプを入れて、植えたものです。

90315.jpg
上から見ても明らかに葉の大きさが違いますね。

そして、鉢から抜いて見ると・・・

右側が9センチのポットで左が2.5センチのポットです。

90317.jpg

根っこの大きさを見た時になんか新しい発見をしたような気持ちになってしまいました。

あまりポットあげが出来ないと思った時は、種まきをするなら、大きめのポットの方が大きくなる・・・

他にもたくさん同じように種まきをしてたので、いろいろひっくり返してみたのですが、大きなポットの方が大きくなっていました。

よ?し!!!
今度からは大きめのポツトに種まきをしよう♪

いろいろ経験されている方には、当たり前の事かも知れませんが、自分の経験の中でいろいろと発見があると、すごくうれしいものです。

この記事のURL | 未分類 | CM(4) | ▲ top
開花株の植えかえ
2008/10/08(Wed)
実は、昨日は、2年苗の植えかえだけでは無くて開花株の植えかえも5株ほど行いました。

その中の一つ。
テラコッタに入った開花株を購入して、そのまま植えかえをしていなかったもの。

鉢の底から、棒を突っ込んで押しても、苗が抜けなくて、
箸て゜、鉢の周りをこんなにこそげても、抜けなくて・・・・

90319.jpg


はい、そこで登場・・・なのが、この「植えかえ名人」なるものです。

90320.jpg
これは、クリスマスローズで、いつもいろいろ教えていただいている山ちゃんさんに教えてもらったものです。

これは、しなるので、これを鉢にそって差し込んで動かすと根を傷めないではずすことができます。



テラコッタに植えたものはいつも植えかえが大変だったのですが、おととしから愛用しています。

とっても便利ですよ。


この記事のURL | 未分類 | CM(4) | ▲ top
皆で育てよう企画の2年苗の植えかえ
2008/10/07(Tue)
休日は植えかえをしようと思っても、いつも雨降りで・・・
今日も、朝から植えかえようと思っていたら、今日も雨で・・・

作業場所を屋根付きの洗たく干し場に移動して、植えかえしました。

実は、2年苗もこの前から植えかえしようと、少しポットをひっくり返してみたのですが、そんなに根が張っていなかったので、中断して、1年苗ばかりポツトあげしていました。

でも、根が張っていなくても、植えかえした方がいいのかなと思って、今日は、Mike
さんから頂いた種から育てている「みんなで育てよう」企画の2年苗を植えかえしました。

トレーにぎゅうぎゅうに入れていたものを庭に広げてみましたが、やはり、そんなに大きくはなっていないようです。(大きくはなっているのですが、来期開花には、まだ小さすぎるような・・・)


90309.jpg


90308.jpg

どうしようか、またちょっと悩んだのですが、とりあえず大きそうなものだけ、植えかえることに・・・

90310.jpg

ポットからもするりと抜けて、根も軽く回っている程度・・・・

90311.jpg

これは、↑の株とは別の苗ですが、大きそうなものも、根の量はだいたいこんなもんです。

90312.jpg

12株ほど植えかえました。
90314.jpg


この記事のURL | 未分類 | CM(8) | ▲ top
普通播きと早期の苗の違い
2008/10/06(Mon)
土曜日は孫たちの運動会で3時過ぎごろから、ポツトあげできていない、07年播種の普通播きのちび苗達も、少しだけポットあげしてあげました。

植え広げると、本当にか細い針金のような茎のちび苗です。

もっと早くにポットあげしていたら、もう少し大きくなっていたのかも知れませんが、本当に小さな苗で、ポットが隙間だらけです。

ポットあげするのに、根の大きさからすると7.5センチのビニポットでも十分だったのですが、少し大きめでしたが9センチのポットに植えかえました。

90304.jpg

普通播きと比較するために早期発芽の苗達の様子も写真に収めておきました。

大きくなったものや、まだ目覚めていなくて小さな苗のものまでいろいろです。
この苗も、9センチのビニポットに植えかえしています。

90305.jpg
この記事のURL | 未分類 | CM(4) | ▲ top
ポットあげした1年苗
2008/10/01(Wed)
10日ほど前の写真ですが、2007年播種の早期発芽の1年苗をポットあげした直後の画像です。

90272.jpg

90273.jpg

2007年ははじめての交配でわくわくして、たくさんの種類を交配して、たくさんの種が収穫できました。

早期発芽はリスクがあるけど、早くお花が見られたらという思いで、すべての種を半分に分けて、半分を冷蔵庫に入れて、早期発芽に挑戦して、半分は、普通播きにしました。

リスクがあるので、私としたら、普通播きの方が本命で力を入れていて、購入した種やお友達に頂いた種は、普通播きで大切に種まきしました。

でも、冷蔵庫に入れた種を播いたものがすくすくと育ち、とても順調で、ポットあげなども早くした為に、普通に播いたものが大きく出遅れたようで、早期発芽で育っているものは、普通播きのものをポットあげしなくてもよくなったので、早期と重複したものは、まだ、種まきしたままのポットの中です。

↓の画像が、種まきしたままの重複した苗ですが、それなりに育ってはいますが、茎などは針金のように細いです。

90276.jpg


ポットあげした苗のその後の様子。
若い新芽が伸びてきて、わくわくしてきます。
90279.jpg

90280.jpg

この記事のURL | 未分類 | CM(13) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。