スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ヘレボの種を植えつけました
2008/09/27(Sat)
秋分の日を過ぎてから、ずいぶん涼しくなってきました。

冷蔵庫の中から種を出してみると、長いもので、2センチ弱、5ミリの物や1ミリのもの、皮が割れただけのもの、中には、まったく発根していないものまで、いろいろです。

90284.jpg
今日の種まきの成果♪

90283.jpg
左のトレーは、発根したものを1ポット、1種類で、10粒づつ植え付けました。中には、4粒だけのもの、種が多かったものは、12?3粒のものまでありますが、10粒を基本に植え付けました。

その中のいくつかを、植え付ける時、1番根が長いものを1つづつ、ポットに植え付けたのが、右のトレーです。

右のトレーの苗は、いろいろ条件を変えて、遊んでみようと思っています。

90297.jpg

発根していない、種は、再度、ダコニールで消毒して冷蔵庫に入れておきました。


種まきについて

私は、自分で交配した種からどんな花がさくのか、それがとても楽しみです。

そして、どんな花が咲くのか、その傾向を検証するには、最低でも、5粒以上は育ててみる必要があるそうです。

しかし、大きくなるうちに、1つ欠け、2つ欠け・・・ということもあるので、今年は、とりあえず、1交配10粒づつ植え付けました。

枯れたり、お友達と交換したりしていると、最終的には、5株位は咲いてくれるのかな・・・という計算です。

でも、中には、4粒しか種ができなかったものもあるので、計算通りにはいかないですね。


スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(6) | ▲ top
冷蔵庫の中の種、そろそろ植えつけ
2008/09/23(Tue)
今日は、秋分の日です。

クリスマスローズの種まきをする目安になる日です。
去年は、秋分の日に種まきしましたが、その後、暑い日がぶり返したのですが、今年はどうでしょう。

種を冷蔵庫に入れたのが、8月8日で、去年と2週間遅かったのですが、発根の状態をちょっと確認してみました。

前回確認したのは、冷蔵庫に入れて、ちょうど1か月めの9月8日くらいだったでしょうか。
その時は、まだほとんど根が出ていなくて、皮が割れたくらいでした。

今日で1か月半くらいたっています。


90263.jpg

90282.jpg
まだ、根が出ていないものもありましたが、ほとんどの種類で、5ミリから1センチくらい発根していました。
5ミリくらい発根していたら、植え付けられるので、そろそろ植えつけたいのですが、1つの種類の中で根の出ているものとまだ出ていないものがあるので、今週の土曜日くらいにうえつけようかと思っています。

この記事のURL | 未分類 | CM(5) | ▲ top
07年冷蔵庫で発根しなかった種の行方
2008/09/15(Mon)
土、日、月、火曜日と、私は4連休になります。
一気に庭の片づけと薔薇の手入れをしていました。

昨日は、近くの国○園にクリスマスローズの植えかえ用の土を買いに行き、
今日は朝から、ちび苗のポットあげをしました。

90258.jpg
これ以外にも、パーライトやもみ殻くんたん、ゼオライト、鹿沼土、腐葉土など、久々に園芸店に行って購入してきました。

このトレーは、07年に冷蔵庫に入れて発根したものから、植え付けして、そして、最後の最後まで、残った種を播いたトレーです。

冷蔵庫組の残り物の種なので、北側に放置状態で、松葉が落ちたり、隙間から竜の髭がのぞいていて、お見苦しい写真でごめんなさい。

90261.jpg


右側の方は、たとえ1ミリでも、発根していたもので、左の方は、3か月くらいたっても全く発根しなかったものです。

高温処理をして、冷蔵庫に入れて3か月以上たっても、まったく発根しなかった種がどうなるか、実験のために播いたものです。

1ミリくらいでも初根したものは、小さいなりにも、葉も青々していますが、まったく発根しなかったものは、今でも、発芽していないようです。

その中の一つ。
90262.jpg
ベージュ色をしたセミダブルの花に小輪のピンクの花の花粉を交配したものですが、
残っていた種のが全部で7粒を播きました。
7粒の内、5粒は1ミリでも発根していましたが、2粒は発根がゼロだったので、2-0と記録しておきました。

今日、土をほぐしてみると、ちび苗になったものは4つ、土の中で発根しないでぷっくりした種が2粒、見つけることができました。
種はきれいで、まだ生きているようです。
発根していたものの中で1つは、どうも消えてしまったようです。

他にも、発根していないポットがあるので、1年後のこの冬には発根するのかどうか、続けて観察してみようと思っています。
右のポットのちょうど中央に播いた種が自然に上に出てきているのですが、健康そうな種です。

90247.jpg


この記事のURL | 未分類 | CM(6) | ▲ top
今年は冷蔵庫で種を保存しました
2008/09/09(Tue)
今年の種の収穫は、急がしさのあまり、後手後手になってしまって、茶袋の中でしわしわになって乾燥してしまったり、茶袋ごと地面についてどろどろになっていたりしました。

パーライトに埋めて保存していたのですが、途中でいくつか腐ったりしたものが出てきたので、8月8日にすべての種を冷蔵庫に入れて保存しました。

早期発芽にチャレンジする時は、いつもは5月25日までに収穫した種を2か月後の7月25日に冷蔵庫に入れていたのですが、今年は、早期どころか、普段の管理もままならなくて、せっぱつまって8月8にあわてて冷蔵庫に入れました。

ちょうど、冷蔵庫に入れて1か月目です。

さあ、種の様子はどうでしょう。
幸いに腐ったものはないようです。

90255.jpg


一部、種のはっ根の様子を見てみます。

90257.jpg
↑は期待の交配です。
やっと種の皮が割れてきたくらいて゛す。
親株の花はグレープのセミダブルと糸ピコダブルです。
90248.jpg
90249.jpg


他の物の中で、ひとつだけ、1ミリほどはっ根したものがありました。
90256.jpg
私の大切な原種の香りのあるムルチフィダスと小さなアトロルーベンスを交配した種です。

90251.jpg
90254.jpg

後、去年購入した中で一番お気に入りの横山園芸さんのお花(NO1)と交配したものや、例のデュメとイエローダブルの交配から咲いた花の交配したものなどなど・・・

去年たくさんの種まきをしたので、今年は、種まきにあまり積極的ではなかったのですが、こうして、種の袋の名前を見ていると、春に咲いていた花の事をいろいろ思い出して、今年もがんばって種まきしようと意欲がもりもりと湧いてきました。

我が家で今年のお気に入りのNO1のお花
90250.jpg
種まき予定の秋分の日までに5ミリ位、はっ根してくれるか、ちょっと厳しそうですね。

この記事のURL | 未分類 | CM(3) | ▲ top
原種の種まきその後
2008/09/07(Sun)
06年に種まきした原種の苗の様子です。
今年で2年目、2年苗でしょうか。

90239.jpg
大木さんから種を購入して育てています。
上の段の比較的大きなものは、ウイルマックルーウイン氏の選抜ヒブリダスの種からの苗です。
下の3段が原種のプルプラやムルチフィダスやトルカータスです。クロアチも1株だけ,健在です。
真ん中の2つ、枯れちゃいました。トルカータスなのに残念です。
でも、トルカータスは数が多かったので、ちょっと安心。

私は、黒いピニールポットを使っているのですが、ビニポットをくっつけて並べると、外側は乾燥して枯れることがあるのですが、この方法だと、わりと乾燥が防げて調子がいいように感じて、ビニポットを使っています。
なのに、なんで、真ん中が枯れたかと思うのですが、やはり、植えかえの時、ちょっと弱っていたのか゛原因かも知れません。
1年前なんて、消えそうなくらい小さな苗で植えかえもびくびくだったので、うまく夏を越してくれてうれしいです。

やはり原種の成長はゆっくりですね。



この記事のURL | 未分類 | CM(5) | ▲ top
06年採取の種からの2年苗
2008/09/06(Sat)
昨日は、07年採取の種からの発芽のちび苗を紹介しましたが、今日は、06年採取の2年苗を紹介します。

このトレーは、Mikeさんに頂いた06年の種を播いて育った2年苗です。

(2年苗と呼んでもいいかな?)

90236.jpg

90237.jpg
大きなものから、小さなものまでいろいろです。

06年は種まきに嵌って、自分ちで取れた種やほかの方たちからもいろいろ種を頂いたり、購入したりして、たくさん播いたので、管理が万全ではないので、あまり大きくなっていないかもです。

今年の開花は無理かもしれないですが、いろいろ育てているので、じっくり、ゆっくり開花を待つゆとりも出てきたので、気長に見守ってあげようと思っています。

この記事のURL | 未分類 | CM(4) | ▲ top
ヘレボも動き始めましたね
2008/09/05(Fri)
長い間お休みしていましたが、ヘレボ達も新しい芽を出して動き始めました。

わたくし事ですが、娘の出産で、1か月ほど赤ちゃんの世話などで忙しくておりましたが、やっと娘も孫も自分の家に帰っていきまして、やっと自分の時間がとれるようになりました。

夏の間はヘレボの動きもなく、写真なども撮っていなかったので、長い間、更新もできなかったのですが、07年採取の種から発芽したちび苗達にも動きが見えてきましたので、なぜかわくわくしています。

夏の間もあまり手入れもできていなくて、くるみの木の下にトレーを並べただけでしたが、なんとか無事に夏を越してくれたようです。


90233.jpg

でも、中にはいくつか枯れたり、葉が病気になったりしたものもあります。
90232.jpg

偶然かもしれませんが、なぜか芽が動いているのは、地上部の葉が枯れたようなものが、新しい葉を展開しているような気がします。

90231.jpg

そろそろ、ちび苗も開花株も植えかえの次期ですね。

08年の採取した種は、収穫するのが後手後手になってしまって、茶袋の中でしわしわになっていたりしたものもあり、保存している間にいくつか腐ったりしたものもありました。

今年は、忙しいのが解っていたので、種はほとんど冷蔵庫で保存しました。
冷蔵庫に入れたのも、7月25日予定がすっかり遅くなって、8月8日になってしまいました。
昨日、ちょっと種の様子をみたら、一部の種の革が割れていましたが、まだ変化の無いものもありました。

今年は、種まきものんびりと構えていて、もう少し涼しくなったら撒いてあげようと思っています。

この記事のURL | 未分類 | CM(14) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。