スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
「みんなで育てよう」企画のその後
2007/10/30(Tue)
去年、Mikeさんの企画された、「みんなで育てよう」の種まきのその後です。
私は、種を送っていただいて、普通蒔きをしたのですが、大阪の夏は暑かったようで、成長する時間が短かったせいか・・・(あまり大きく育っていないので、必死で言い訳をしております)、あまり大きくなっていません。
秋のポット上げの時期にも、根があまり張っていなくて、植え替えようとしても、ぼろぼろって土が落ちる感じで、ポツト上げしようか、どうしようか悩んだのですが、とにかく、一回り大きなビニポットに全部植え替えしました。
上から見たところ。
19202.jpg

斜めから見たところ。
19201.jpg

大きそうなところ。
19205.jpg

19200.jpg

ちょっと、大きそうな苗。
19203.jpg

19204.jpg

「みんなで育てよう企画」の種だけでなく、他の種も去年種まきして、今年発芽したものは、みんな、かなり小さいです。
涼しい地域の方たちのブログでちび苗の様子を拝見すると、かなり大きさが違うようです。
地域によって、成長に差があるようですが、私がいつも訪問させてもらっているshinoさんは、同じ時期に種を送ってもらったものを温度処理されて、すごく大きく育てられているので、びっくりしてしまいました。

Mikeさんの「みんなで育てよう」企画は、育て方の違いや地域の違いで、成長の様子を見せてもらえるので、とてもすばらしい企画だったと思います。

次は、去年ちび苗で頂いた、デュメ交配の苗。
昨日、小さすぎて、写真を撮っていなかったので、今日あわてて写真を撮りました。
来てすぐの夏、地上部がなくなって、はらはらしたのですが、けっこう育ってくれているのではないかと思います。
19185.jpg

他のMike産のオリエンタリスの苗との比較。
19184.jpg

スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(8) | ▲ top
Mikeさんちから来た苗のその後
2007/10/29(Mon)
去年、Mikeさんから頂いたちび苗達のその後です。
大きくなったもののいくつかを紹介します。
今年のはじめに5号ロングポットに植え替えたので、今の時期、もう一回り大きなポットに植えた方がいいのか悩んでいます。
19169.jpg

19170.jpg

19171.jpg

19172.jpg

19173.jpg

19174.jpg

19175.jpg

19176.jpg

株元、いろいろ。
これなんか、絶対に一芽仕立てにするべきでしたね。
今からでも大丈夫かな?
19165.jpg

これは、咲くかな?まだかな???
19168.jpg

小輪ワイン。
名札をみるだけでも、とっても楽しみです。
19164.jpg



この記事のURL | 未分類 | CM(11) | ▲ top
発根した種の植え付け時期について 
2007/10/28(Sun)
19179.jpg

こうして見ると、一目瞭然。

上の画像の右側のポット9月13日に発根した種を植え付けて、屋外に出したもの
左側のポットは、9月13日に植えつけてしばらく冷蔵庫の中で育てて、9月23日の夜に屋外に出したもの
種を植え付けた日の記事はこちら
天気予報と去年のデーターから、9月13日あたりから涼しくなる予想ができたので、冷蔵庫の中の発根した種の一部を植え付けました。

しかし、一抹の不安もあり、植えつけたものの半分だけを外に出して様子を見ることにしました。

一抹の不安は的中し、夏の暑さがぶり返して、その後も33度以上の暑い日が続き、外に出したものはあまり成長がよくなかったです。

冷蔵庫の中で育てたものも、冷蔵庫の中では、動きは無かったのですが、1ヶ月ちょっと過ぎた現時点では、大きな違いが出てきました。

でも、これらの種はどちらも、途中で2?3回、ポツトから出して根の長さの比較をしたり、写真を撮ったり、ちょっといじられすぎていてかわいそうなことをしたのですが、種の植え付けは、たとえ根が長く伸びて来たとしても、涼しくなってから植えつけるのがBetterのようです。

昔から種まきは彼岸を過ぎてから・・・と言われていますが、今年は、まさに彼岸が種まきの境目のようでしたが、来年からは、温暖化のこともあり、気温などの様子を見ながら種まきもした方がいいと思いました。


  月 日  最高気温 最低気温
8月 1日  33.2/22.7
8月 5日  33.1/26.4
8月10日  35.1/26.5
8月15日  36.4/27.9
8月16日  38.1/27.9
8月17日  38.3/27.9
8月18日  37.5/27.3
8月19日  36.6/28.4
8月20日  35.7/26.7
8月25日  34.3/27.5
8月27日  35.9/27.0

8月28日  31.9/28.5
8月29日  32.9/26.3

8月30日  30.9/27.4
8月31日  30.0/25.1
9月 1日  32.2/23.2
9月 2日  35.0/25.7
9月 3日  33.8/25.2
9月 4日  34.2/25.0
9月 5日  33.8/26.6

9月 6日  31.8/27.2
9月 7日  33.6/27.6
9月 8日  33.8/25.8
9月 9日  33.8/25.5

9月10日  28.2/24.4

9月11日  31.9/21.1
9月12日  31.7/21.1
9月13日  31.4/23.1
9月14日  31.4/24.1
9月15日  33.5/24.8
9月16日  34.5/25.4
9月17日  34.8/26.3
9月18日  34.1/25.6
9月19日  33.7/24.4
9月20日  33.7/25.2

9月21日  32.1/24.6
9月22日  35.1/25.6
9月23日  32.6/25.7
9月24日  30.6/24.9
9月25日  29.7/21.8
9月26日  30.0/20.5
9月27日  30.6/23.1
9月28日  31.6/23.8
9月29日  21.8/20.8
9月30日  20.4/17.2


天気予報(大阪)のデーターより
天気予報の最高温度より、我が家の温度の方がいつも少し高めでした。


追記です

発根した種を植え付けたものの、外に出すのが不安だったので、半分だけ、冷蔵庫に入れましたが、これは根が伸びてきたのが気になってあせって植えつけただけで、とくに植えて無くても、種のまま、根が伸びたものを涼しくなってから植えても、充分に育っているようです。

この記事のURL | 未分類 | CM(4) | ▲ top
いばらの道
2007/10/27(Sat)
今年、初めて交配をして・・・・
種まきをして・・・
発芽してきた双葉を見て、喜んで・・・
どんな花が咲くか、いろいろ想像して楽しんでいるのですが・・・

では、私が自分で作ってみたい花はどんな花なのか改めて考えてみました。

まず、第一は小さな花。
背丈の低い株。
そして、香りのする花。
コロンとした花の形。
第一は黒い花ですが、いろいろな色の花が作れたらいいかな。
基本的にはシングルの小さなカップが希望。でも、ダブルでも可愛いかも・・・

・・・なんて・・・

言葉にするには簡単ですが・・・

特に香りのする花はオドルスやムルチフィダスなどの原種交配になるので、開花するまで、7年くらいかかるかも知れない・・・・

そして、黒い花や小さな花はデリケートで育ちにくいかも知れない・・・

1回の交配で、思う花が咲くとは限らなくて、何回も交配を繰りかえす必要があるかもしれない・・・

それに、大阪の夏は暑い!!!

ギャハ!こげさんの言うように私の目指す花はいばらの道!!!
今まで、考えてみなかったのですが、改めて考えてみたら、私の目指す花を自分で咲かせられるのはかなり難しそう。

そう言えば、今年の開花時期にも、黒いビリダスの花を作りたいと、リビダスの花にルーセブラックの花粉をくっつけてみたけど、種はできなかった・・・

なかなか思い通りにはいかないけれど、再度挑戦してみるつもり・・・

夢は遠い彼方でも、交配をしたり、種をまいたり、植え替えをしたり、結構楽しんでいます。
なんてったって、交配に目覚めたばかりの、ヘレボ1年生ですから♪

きっと、種まきをされている方は皆さん同じなんだろうな?と思うのですが。

まずは、香りのする花を目指して・・・
19177.jpg


それよりも、私が目指さなくても、プロの方達は、すでに作られているかもですね(笑)
この記事のURL | 未分類 | CM(10) | ▲ top
双葉いろいろ
2007/10/25(Thu)
種まきしたものの発芽や双葉が展開するのが、寒さのせいか、少し動きが緩慢になってきたようです。
19158.jpg

一つだけ、本葉が伸びてきているものを発見♪
ぴんぼけの写真になりましたが、一番右側の苗です。
他にもないかと捜したけど、これ一つだけでした。
19156.jpg

同じ交配なのに、あきらかに双葉の形が違うものがあり。
これは、ピンクのコロンとしたシングルと我が家で一番黒いダブルの花の交配したもの。
コロンは、花も葉も肉厚なので、双葉もぎざぎさになった肉厚の方がコロンの血を引いているのか・・・なら、真ん中ののっぺりした双葉が黒ダブルの血が濃いのか・・・いろいろと検証してみるのですが・・・
19155.jpg

コロンと交配したルーセブラックやエンジのダブルからの発根した種は、まだ、下のとおり、姿を見せていません。
上3段がコロンと交配したもの。
同じ母親でも、交配の相手によって、早く発芽するものやゆっくりのものがある・・・
これらのデーターをどんなふうにまとめようか・・・
19146.jpg


最後の画像は冷蔵庫で発根した種を今年一番早くに外に出した種の発芽の様子。また゜、暑さも厳しかったので、根が一番早く伸びていたにもかかわらず、その後の成長も悪く、やっと双葉が開いてきました。
双葉の展開はすこぶる遅いです。
双葉も小さいですが、これらの種は、小輪狙いの種・・・
どんどん大きくなったら、最初にひらいた双葉が小さかったことがわからなくなるので、これも記録しておかないと・・・
19153.jpg

この記事のURL | 未分類 | CM(0) | ▲ top
この頃のヘレボ
2007/10/23(Tue)
ニゲルのジョセフレンパー、蕾が膨らみ始めています。
去年も少しだけ早くから咲いて、しばらくしてからまた、2番花が一斉に咲きました。
19148.jpg

これは、今年頂いたちび苗達。
初めてのお披露目です。
19149.jpg

原種のトルカータス。
去年、参加しているコミュの種交換で頂いた種から発芽したもの。
名づけて、ランボージュニア・・・
葉が原種らしくなってきました。
19151.jpg

Mikeさんから頂いたちび苗が、こんなに大きくなりました。
株元から立派なみどりの芽が出てきています。
春に5号ロングポットに植え替えたばかりなので、今期植え替えするかどうか悩んでいます。
これも、今から思うと、1芽仕立てにしたらもっと大きくなっていたのかなと思っています。
19127.jpg

こぼれ種から育っている、まったく放置の株です。
ずわずわのおいしそうな若葉が出てきています。
この株のお母さんは、多分あの花だと予想できます。
今年咲いてくれそうな勢いです。
薔薇の肥料が効いているのかな???
19134.jpg

可愛い双葉。
1つだけ、小さな双葉があって、あまりにちいさすぎてほんとにヘレボなの?と信じがたいのですが・・・
目指す花は小輪なので、小さな双葉の方が気になっています。
19163.jpg

この記事のURL | 未分類 | CM(14) | ▲ top
蒔き残した種
2007/10/21(Sun)
今年は、いろいろ交配をして、種まきをして楽しんでいます。
私がお気に入りのコロンとした花びらがぽってりしたピンクのお花に、いろいろな花粉をつけてみました。

18843.jpg

黄色のシングルのフラッシュ模様。
18844.jpg

小輪のピンクの花。
18845.jpg

イエローダブルの花。
18799.jpg

黒いダブルの花。
18824.jpg

同じく黒い横向きのダブルの花。
18850.jpg

極小輪のチョコレート色のダブルの花。
18837.jpg

ルーセブラック。
18814.jpg

エンジのダブルの花。
18797.jpg

1番上のピンクの花にいろいろな花粉をくっつけてみました。
うまく交配できていれば、いろいろな花が咲いてくれると思いますが、交配が失敗していれば、同じようなピンクの花ばかり・・・なんてこともありますね。

そのほかにもいくつか蒔き残した種があるので一覧表にしてみました。
一覧表はこちら

種の欲しい方がいらしたら差し上げたいと思うのですが、なんせ初めての事で、どうしたものか迷っています。


種はたくさんあるものもあるし、少ししか残っていないものもあります。
そして、しろうと交配です。確実に交配できているとは断言できません。
欲張ってたくさん蒔いてしまったので、はっきり言って残りものです。

できれば、色の系統別に、1粒づつ、すべての種をミックスしてと考えています。そうすれば、5名の方には確実に差し上げられます。


これから種まきをしてみようかなという方には向いているかなと思うのですが。

こんな状況ですが、もし種まきをしてみようと思われる方がいらっしゃれば申し出てください。

貰い手がなければ、職場の花壇にばらまこうとかとも思っています。
この記事のURL | 未分類 | CM(16) | ▲ top
可愛い双葉を毎日眺めています
2007/10/20(Sat)
19131.jpg

冷蔵庫で保存していた種を植え付けてから、ぽちぽちと発芽が始まり、可愛い双葉が次々に開いてきています。
最近の日課は、朝一番にこの双葉を眺める事・・・
お向かいの奥様ははこんな私の姿を見て何をしているのだろうと思っているでしょうね。

そして、今年も濡れティシュのお世話になっています。
ユッキーさんに教えてもらって楊枝のお世話にもなっています。

去年は、皮が取れなくて、でも、取るのが千切れそうで怖くて、何日もたってますます取れなくなって、最悪、無理に取ろうとしてちぎれたり・・・なんて事が多かったので、今年はできるだけ早期に皮を取るように心がけています。
双葉の大きさ、いろいろです。
大きなもの、丸いもの、長細いもの、小さいもの・・・
見ているだけで楽しくなってきます。
あちらこちらでぽつぽつ発芽してくるので、発芽してきた順に並べ替えています。
早く発芽したものが大きくなるとは限らないと思うので、こうしておいた方が、成長の違いが解るかなと思いまして・・・


19115.jpg

この記事のURL | 未分類 | CM(10) | ▲ top
双葉が開いてきました
2007/10/16(Tue)
冷蔵庫に保存していた種を植えつけたものが発芽してきました。
次の画像はこの前から実験に使っている種の発芽のその後の様子です。
イエローシングルフラッシュ×ピンクのダブルの糸ピコティ
19116.jpg

交配はこんなお花。
18844.jpg

18791.jpg


花粉親のピンク糸ピコティは・・・
とっても残念でしたが、枯れてしまったのです・・・
枯れた原因をいろいろ考えてみたのですが、それはまた次の機会に・・


次の双葉達は、我が家で星と名づけた花と白いダブルの糸ピコティ。
19117.jpg

交配の花はこんなお花です。
ピコティの小輪狙いで交配してみました。
18812.jpg

18865.jpg

星と名づけたのは、我が家に来て最初に咲いた花が星のように可愛い花だったからです。
2005年は小さめで蕾はコロンとしていて、開くとお星さまのように可愛く咲いてくれました。
2006年はしっかり肥料をあげたので、丸弁の元気な花になりました。
3708.jpg


早期発芽の代表達。
1つか2つづつ個室のビニポットに植えています。
この子達を優先して、育ててみたいと思っています。
19119.jpg

19120.jpg

発芽してきた双葉を見ていると、とっても小さな双葉を発見。
WW2×ASうも
白いダブルのパーティドレス系とうもーりいさんから連れて帰ってきたアプリの小輪。
19118.jpg

でも・・・あまりに小さすぎる・・・草かも・・・
この記事のURL | 未分類 | CM(10) | ▲ top
うまく交配できたかな???
2007/10/14(Sun)
今日は、午前中はバラの剪定。
午後から、ヘレボの種まきをしました。
屋外で保存していた種をこの前から蒔いているのですが、昨日、バラの講演会に行って、バラ友さんに来年あたりヘレボのちび苗のプレゼントの約束をしてきたので、急遽、多めに蒔くことにしました。

種をピンセットで一粒づつ蒔いていると、お皿に広げた種の色が違う事に気づきました。
次の種は、小輪のダブルにダーク系のダブルを交配したものです。
交配は、同じ交配ばかりしないように気をつけて1品種1交配にして、希望の強いものだけ、2つか3つ位は同じ交配をしました。
これも小輪で黒いダブルが欲しかったので、3つ分くらい交配していて、3つの茶袋をまとめて保存していたのですが、よく見ると本当に色が違います。
上段はかなり色が黒くて、下の段は茶色いですね。
黒いものが交配が成功しているのでしょうか?
19112.jpg

次の種は小輪を目指したもの。
コロンとしたピンクのシングルに小輪のシングルを交配したもの。
我が家ではコロンと名づけているのですが、コロンはすこぶる元気でたくさんの花が咲いたのと、小輪の花が欲しくて、3つの花に同じ交配をしたようです。
お皿に広げた種を見ると、小さな種がいくつかありました。
小さな種が小輪の花粉親の血を引いているのでしょうか?
左と中央の種は、大きさは同じですが、種の色が違います。
でも、この種は、表と裏で種の色が違っていました。
19113.jpg

次の種も小輪を目指して交配したものです。
19114.jpg


実際に小さな花は種も小さいです。
ともかく、小さな花を目指すのなら、小さな種を蒔けば良かったと思うのですが、気がついたのが、ほとんどの種を蒔き終わってからでした・・・今から、ひっくり返して、小さな種だけに蒔きかえる事もできないし・・・

しかし、黒い花の種は、黒いものもありましたが、茶色いものもあったような・・・






この記事のURL | 未分類 | CM(11) | ▲ top
2年苗
2007/10/10(Wed)
05年に取りまきした種から育った2年苗です。
19107.jpg

19108.jpg


この当時は、そんなに種まきに凝っていたわけではなくて、なんとなくできた種を蒔いた・・・
白いセミダブルの種、40粒。
アプリのシングルの種、30粒
後、その他の花の種が少し・・・
白いセミとアプリの種がたくさんできていて、捨てるのももったいなくて、全部蒔いたのですが・・・
今から思うと同じものばかりこんなに蒔いて、バッカじゃないの・・・って感じです。
白いセミは特に大きそうなものだけ、10株ほど、VIP待遇で育てていましたが、1芽仕立てのものは、結構株元が大きくなっていました。
大きそうと判断したのは、葉の量でしたが、葉がたくさんあっても芽がたくさんあるものは株元は貧相な感じで開花の見込みは少ないようです。

アプリの2年苗は、それなりに大きくはなっているのですが、株元があまり太くなっていなくて、開花は無理そうな感じ。
アプリって、か弱くて、成長もゆっくりなんでしょうか?

この記事のURL | 未分類 | CM(11) | ▲ top
元気な新芽
2007/10/09(Tue)
9月中旬くらいに植え替えていたちび苗達の新芽がどんどん出てきています。
19103.jpg

19105.jpg

びっくりするくらい勢いのいい新芽が!!!
19104.jpg

このまえ、植え替えたばかりの2年苗も、新芽が出てきました。
19109.jpg

大阪もちょっと涼しくなってきたかな♪
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | ▲ top
本格的な発芽
2007/10/07(Sun)
冷蔵庫で保存していた種で9月13日に暑い日もあったのですが、発根した為に一部ためしに植えつけて外に出して様子を見ていたのですが、9月23日には本格的に種まきをしました。

23日に蒔いたものが、発芽してきました。
これは、実験に使ったのと同じ交配のものです。
この交配の種は成長が早いのかも・・・
19101.jpg

13日に植えつけて外に出したものは、結局暑さの為、成長がストップしたようですが冷蔵庫に入れたものは、1つだけ発芽しています。
暑さは残っていても、少し涼しくなった23日に植えたものは、13日に植えたものより発根した根の長さは短いはずでしたが、順調に発芽してくれたようです。

昔から、種まきはお彼岸の頃といわれているのは、それなりの理由があるのでしょうか。でも、だんだん温暖化して来ているので、来年からは、やはり、気候を見ながら、気温を確認しながらの種まき、育成になりそうです。

次に発芽しそうなのが、この白いダブルとアプリのダブルを交配したもののようです。
19102.jpg


名札はできるだけ簡単に花の様子が解るように命名しています。
YSフラ・・・は Y(イエロー)S(シングル)のフラッシュ模様。
PWピコ・・・は、P(ピンク)W(ダブル)のピコティ。

ちなみに、黒や渋系の色はD(ダーク)、W(ホワイト)、A(アプリ)、Y(イエロー)、R(赤)です。
ダブルはW、セミダブルはSW、シングルはSです。

WW2は、白いダブルの花で二番目にやって来た花のことです。
ダーク系だけ、番号は黒いものから順番にしています。
DW1が我が家で一番黒いダブルの花になります。

自分だけにしか解らない暗号みたいな名前ですが、これで、記号見るだけで、大体どの花かすぐにわかります。

後、購入した時のエピソードや、かかわりのあった方の名前をかってにつけさせてもらったものもあります。

だから、我が家には、「ク○ス」とか、「ナ○キ」、「あ○」と命名されたお花もあります。どの花も、すばらしい花ですが、お名前を勝手に使わせていただいてごめんなさい。
あっ、2枚目の画像にも、黒○草さんの名前が、写っていました・・・
これは、ダーク系のセミダブルに黒○草さんに頂いた渋系のダプルのお花の花粉をくっつけた種です。


7月25日に冷蔵庫に入れて、ほとんどのものが発根して植えつけたのですが、まだ中には全く発根していないものもあります。

発根していない種も、植えてもいいのかなあ????

この記事のURL | 未分類 | CM(2) | ▲ top
発芽♪
2007/10/03(Wed)
19100.jpg

実験用に冷蔵庫で育てていた種を30日に出して、根の比較をした後、また、土に植えなおしたのですが、一番長く伸びていた種でうっかり種の皮が取れたもので、黄色の双葉らしきものが、光を浴びて緑の双葉になりました。
双葉が出てしまったので、そのまま冷蔵庫にいれるわけにも行かず、室内の涼しい場所に出したままにしていたので、実験も途中で終了になってしまいました。

ところで、大阪は以前暑い日が続いているので、植え替えも種まきも中断したままです。
早く涼しくなって欲しいです。
この記事のURL | 未分類 | CM(5) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。