スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ちび苗のポット上げ PART2
2007/08/29(Wed)
8月中旬のまだ暑い中、06年に種まきしたちび苗のポット上げをしました。
その後の経過で1株だけ、原種の苗がお★様になってしまいましたが、新芽の動き始めたものは、その後の経過も良く、また新芽の動いていないちび苗は、植え替えをしてもまだ、芽が動く気配がないので、それを踏まえて、今日は、新芽の動いているものを25株ほどポット上げしました。
先にポット上げしたものは新芽の動いているもので大きそうなものから植え替えしたので、今日は、新芽が動いていても、小さな苗ばかりでした。

植え替えしたポットの大きさは、4号とそのままの3号の2種類。
植え替え前に鉢から抜いてみても、根があまり張っていなくて、ぼそぼそでした。
鉢増ししないで、そのまま3号の鉢に植えても十分なくらいでした。

これらは普通に蒔いたもので、他の方達の苗と比べて、小さいなあと感じていたのですが、発芽してから1回目のポット上げが4月8日に3号のビニポットで、その後すぐに暑い日が続いていて、そんなに大きな成長をする時間は無かったのかなと思います。
1回目のポット上げはもっと小さな2.5号のビニポットでも十分だった用にも思います。
19013.jpg

19014.jpg

今日、植え替えたちび苗は我が家のヘレボの置き場所で一番、安全な場所の北西のブロック塀の内側。
19012.jpg

一番手前に写っているのが、今日植え替えた苗のトレー。
写真に写っていませんが、このちび苗の手前にこの前植え替えたちび苗のトレーを並べています。
ちなみに、ちび苗のトレーのすぐ横のトレーは05年種まきした、白いセミダブルばかり、その隣は、同じく05年種まきしたアプリシングルばかりのトレー。
05年は、おんなじものばかり種まきしています。
上の棚の手前前列二つは原種の苗で、その横2つがチベタヌスなんですが・・・地上部がすっかりなくなって、小さな芽もかちかちになっていて緊急避難させたのですが、株元のぐらつきはないのですが、どうもお★様になっている可能性大です。

ところで、植え替えするたびに出てくる土の量のすごい事。
病期の株があると、消毒した株を新しい用土で植え替えて、そのまま復活してくれたらいいのですが、そのまま枯れてしまったら(枯れるまで結果が出るのが早いもので1週間)その土がそのまま、1週間くらいで、使えない土に・・・この場合、その土は見た目はとてもきれいで、病期の菌が残っていることは解っていても、捨てるのがもったいない。

植え替え後の土、これって、ちょっと悩みの種なんですが・・・
皆さんはどうされていますか?

19008.jpg

スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(20) | ▲ top
立ち枯れ病か?水切れか?
2007/08/26(Sun)
とっても恥ずかしい写真ですが・・・

06年に種まきしたちび苗達はみんな元気にしているのですが、軒下に置いたものだけ、8月になって急に立ち枯れのように葉が茶色になってしまいました。
つぎづきに茶色になって枯れたようになるので、これが立ち枯れ病なのかなと思っていました。
18991.jpg

中には、枯れてしまったものも・・・
でも、最近になって、わずかに新芽が出てきました。
18992.jpg

てっきり、このまま枯れこんでしまうとあきらめていたのですが、もしかして、軒下だったために水切れをおこしたのかも・・・

そして、05年に種まきしたこの苗も、軒下においていたもの。
トレーにいくつか並べていたのですが、上からシャワーで水遣りをしていて、中央あたりの株だけ水がかかっていなかったと思われます。
茎はきれいな緑色をしていますが、葉はまっ茶色です。
18996.jpg

もっと悲惨な状態の葉。
葉は茶色ですっかりだめになっています。
18997.jpg

でも、よくみると、新芽が動き始めました。

植物を育てるのに、葉は光合成をして大切という認識があるのですが、
葉が枯れたようになっても、まだ、新芽を出そうとするヘレボをみて、一安心。

実際、我が家ではいろいろな場所に分散してヘレボの鉢植えを置いていますが、東側と西側の塀の影になったところは、まったく問題なくいきいきと育っています。南側の陽のあたる場所とガレージの上、北向きの陽の当たる場所はやや葉やけして、葉もやや黄緑っぽくなっても元気ですが・・・
軒下の陽のあたる場所は水切れになりやすくこんな症状になり、軒下の陽の当たらない場所は、水がかからないと思ってつい水をやりすぎて、根ぐされになってしまったようです。

この記事を書いて、プレビューで画像を見て、「本当にちゃんと育てているのか」とお叱りをうけそうなひどい画像ですが、軒下においている苗は特に注意が必要という自分への反省もこめてアップしてみました。

軒下園芸って、バラを育てていてもうどん粉病になりやすかったり、水加減が難しかったり・・・


この記事のURL | 未分類 | CM(13) | ▲ top
植え替え10日後
2007/08/25(Sat)
今日の天気予報の大阪の気温
8月25日 最高温度34.3℃ 最低温度27.5℃

8月15日に2回目のポット上げをした06年種まきのちび苗達のその後の様子です。

8月15日はまだまだ暑い日でしたが、新芽が動き始めたので、少しだけ植え替えして見ました。

10日が経過しましたが、1株だけ除いて、元気に成長しているようです。
元気の無くなった1株は、もともと、小さかったのもありますが、原種のトルカータス系のちび苗でした。
まだ枯れてはいないのですが、少しくた?って感じになって、別の場所で養生中です。

左側の2列は、新芽の動きが無かったちび苗ですが、これらのものは、植え替えしても、まだ動きは止まっているようです。

植え替えすると、新芽が動き始めるかなと思ったのですが、違ったようです。
18999.jpg

次の写真は10日前の8月15日の植え返したばかりの写真。
目だった成長ではありませんが、上の写真の方が、黄緑色の新芽が少し大きくなっているのがわかります。
18955.jpg


気温の変化がヘレボの成長に関係あるかなと、最高温度と最低温度をちょっと、調べてみました。

8月の大阪府の今月の最高温度と最低温度 (天気予報より)

8月10日 最高温度35.1℃ 最低温度26.5℃
8月15日 最高温度36.4℃ 最低温度27.9℃
8月20日 最高温度35.7℃ 最低温度26.7℃
8月23日 最高温度31.6℃ 最低温度22.8℃
8月25日 最高温度34.3℃ 最低温度27.5℃

23日に1日だけ、涼しい日があったようですが、いつまで暑い日が続くのでしょうか?
この記事のURL | 未分類 | CM(5) | ▲ top
怪しい株、その後
2007/08/23(Thu)
先日の怪しい株・・・
株元はがっちりしていますが、一抹の不安があり、ユッキーさんや珍さんに後押しされて、今日の夕方、鉢から抜いて見ました。
抜いて見て、ぼーぜんというか・・・やっぱりというか・・・またか・・・というか・・・

でも、最終的に抜いて良かった・・・・


根が完全に黒くなっていて、ぼろぼろ状態です。

18990.jpg

汚くなった根を取れるだけ取って、根荒いしたら、何とか、元気な根も残っていました。

18987.jpg

黒くなった根の先もカッターナイフで切ってみましたが、白い線で囲んだような、根の中央が黒くなっている所は、病気が浸透しているのでしょうか?
18988.jpg

この中心が黒くなった根も切り刻んでしまうと、根っこがなくなってしまいそうです。
どなたか、ご存知の方がいらしたら、ぜひコメントいただけるとうれしいです。

いつもはダコニールの液につけて、植え替えするのですが、今日は、マイシン系の希釈液に30分ほどつけて、小さめのビニールポットに植え替えました。

この記事のURL | 未分類 | CM(14) | ▲ top
怪しい株
2007/08/22(Wed)
毎年、いくつかの株が軟腐病や根腐れで、だめになってしまうのですが・・・

・・・しかも大切な株ばかり・・・

今年も、すでにたくさんの株がだめになったり・・・、植え替えをして経過観察中のものがあったり・・・

まだ、怪しい株が・・・
18984.jpg


今年買ったばかりでしたが、買って来た時からおかしくて、患部を取って、植え替えした株です。花を咲かせてしまいましたが、ちょっと貧そうな株になってしまいました。
とても貴重な株・・・
<07年の春の画像>
16701.jpg


今までの経験から行くと、一度、軟腐病や根腐れになったものは、いくら手当てをしても、そのままだめになるか・・・一見、復活したように見えても、自然に忘れた頃にだめになってしまうような気がします。

おかしい苗かどうか見るには、葉の色、株元の色、株元の硬さ、株元のぐらつきを注意しています。
株元を抑えて、軽くゆすってみて、根がぐらつくようなら、ほとんどが病気になりかかっているようです。

写真の株は、株元のぐらつきはないのですが、株元の色が黒くなっている・・・

植え替えして根の様子を見るべきか?それとも、このまま様子を見るべきか・・・

・・・と、こうして、見守っている間に、あっという間に、株元が腐ってしまうことが、今までの経験なので・・・

この株は早急に植え替えて見た方がいいかも・・・

この記事のURL | 未分類 | CM(10) | ▲ top
05年種まきの成長の様子
2007/08/20(Mon)
05年に種まきして、2年目の苗達の様子です。
05年は、勝ってにできていた種を普通に蒔いて、06年の2月ごろに発芽したものです。
この頃は、交配とか意識していなくて、我が家で、白いセミダブルの種がたくさんできていたので、蒔いてみたものです。
白いセミダブルのちび苗が40ほどできたので、少しづつ、大きなポットに植え替えしたものと、あまり植え替えしなかったものも、意図して差をつけてみました。
全部で40ポットある中でいくつかを選んで見ました。
15ポットほどは成長に合わせてポット上げしましたが、特に成長が良さそうなものは、白にポットに植えて、残りは白ポットと同じ大きさの黒いピニールポットに植えました。
残りの25ポットは、ポット上げしなくて小さいままでしたが、去年の秋に1回だけ、4号のびにポットに鉢増ししたものです。
写真で見ていただくと、いかにポット上げが大事か一目瞭然です。
18969.jpg

右が一番小さい苗で、左が一番大きな苗です。
18974.jpg

白いポットに植えた特に成長の良いと思われる苗を見ていると、1芽立ちしたものと、はばかり様になっているものがあります。
18970.jpg

左2つは葉ばかり様の苗。
18971.jpg

葉の数はたくさんで、いかにも、大きそうと思うのですが、株元は少しも充実していません。
18972.jpg

株元が一番充実しているものと、葉ばかり様の苗と3株ほど、植え替えして見ました。
鉢を抜いて見たところ。これは、一番株元が充実していた株です。
18968.jpg

根の比較。
ポットの中央あたりはまだすかすかで、ポットの株にサークリングしていた根がとても長くて、全長30センチくらいはありそうです。
右が一番株元が充実していたもの。
根の量はあまり変わらない感じです。
18966.jpg

3株を5号ロングポットに植え替えました。
18965.jpg

株元の様子。
この株は来年咲きそうな予感♪
18964.jpg

葉ばかり様は、来年開花は難しそうです。
18963.jpg

18962.jpg


たくさんの種ができたので、実験的に植え替えのパターンを変えて様子を見た結果ですが、やはり、まめな植え替えはポイントですね。

後、葉がたくさんあって、大きそうと思っても、芽がたくさんあるものは、株元が充実しないことも実感しました。

ネットで親しくさせてもらっている、shinoさんが実践されている、1芽仕立てはやはり、3年開花を目指すには重要な鍵なんではないかと改めて思いました。
この記事のURL | 未分類 | CM(4) | ▲ top
今年発芽苗のポット上げ
2007/08/15(Wed)
06年に種まきして、今年発芽したちび苗達を一部、ポット上げしました。
まだ暑くて、早すぎるかとも思うのですが、新芽が動いてきているものもあるので、3号のビニポットから、4号のビニポットに植え替えしました。
1年苗で、右が一番大きなちび苗で、左は一般的な大きさのちび苗です。
ちなみに、右は普通に種まきしたもので、左が早期発芽の苗・・・
まるっきり逆転しています。
ただ、左の苗はブラックダブルなので、成長が遅いのかも知れません。
右の苗だけ、他のものと比べてだんとつに大きいのですが、ビニポットの大きさも関係あるのでしょうか?
18957.jpg

発芽したものを最初に2.5か3号のビニポットにポット上げしていたのですが、根鉢が回っていることも無く、そんなに根が張っている状態ではありませんでした。
18956.jpg

3号のピニポットと根の比較。
他の苗もだいたいこんな感じの根の状態でした。
18959.jpg

30株ほど、植え替え終了。
このトレーの右側4列の部分は、新芽が動き始めた苗で、左側2列は新芽が動いていない苗です。
中には、大きさが同じになってしまった早期発芽用の苗も入っています。
18955.jpg

この記事のURL | 未分類 | CM(19) | ▲ top
ニゲルにつぼみが・・・
2007/08/15(Wed)
水遣りをしていて、ふと見ると、ニゲルのジョーセレクトにつぼみらしきものを発見。
18961.jpg

明らかにつぼみですね。
なんとこの季節に・・・
ちょっと早すぎですね。
そういえば、去年はニゲルのジョセフレンパーが早々と咲いたけど、こんなに早くは無かったです。
この記事のURL | 未分類 | CM(2) | ▲ top
今年も早期発芽に挑戦します
2007/08/04(Sat)
去年、初めてクリスマスローズの早期発芽に挑戦しましたが、あまり期待していない種を使った為か、つい忙しさに追われて、途中から完全にお世話ができなくて、みんな元気にはしているのですが、普通に種まきしたものに成長が追いつかれてしまいました。
いろいろ、反省点もあるのですが、去年の経験を生かして、今年は、真剣に取り組んでみようと思っています。

それで、今年は7月25日に我が家で交配した種を冷蔵庫の野菜室に入れました。

18952.jpg


写真で見るとおり、たくさんの種です。
茶袋にパーライトと種を5粒づつ入れてターパーにつめました。
60種類くらいあります。
たくさんありすぎて、ばっかじゃないの!!!って、言われそうですが・・・
今年は、交配もちょっと真剣にしたので、たくさんの種類の種ができました。本当はこれ以外にもまた゜たくさんある。
使った種の交配例はこちら

去年の反省点のまとめ
?種の発根が気になって、冷蔵庫の中から何回も出したり入れたり、手 に広げてみたり、ほじくってみたりしたが・・・これは絶対しない
 事。

?1ヶ月後の8月15日に一度、ダコニール消毒をしたら、9月中旬まで  気になっても触らない事!・・・でも、9月過ぎるとたぶん気になるか も・・・

?秋分の日あたりになると冷蔵庫の中より外の方が根がよく伸びたの  で、9月20日に1ミリ以上発根しているものは、土に植えて屋外に出  す。この時,去年は肥料を入れなかったが、ポット底にマグアンプなど の肥料を少し入れる。

?本葉が1枚展開したら、ポット上げする事。去年は、この作業が遅れ たのが、大きな失敗だった。

この記事のURL | 未分類 | CM(11) | ▲ top
新芽が展開してき始めました
2007/08/03(Fri)
去年の秋に種まきして育てているちび苗達に黄緑色の新しい葉が展開してきました。
18918.jpg

18917.jpg


ヘレボは夏は休眠するものなのに、ちび苗だけは、夏でも、動きがあるようです。

・・・と思っていたら、開花株も新芽が出てきました。
18943.jpg

次の株は、去年、株分けをしてお友たちと半分わけにした株です。
お友達のところは元気一杯でしたが、我が家の株は、茎も葉も汚くなって病気の心配があったので隔離して育てていた株です。
お友達のところはその後も元気に育っているとの事でしたが、我が家のは葉もだんだん茶色になって、もう枯れてしまうのではないかと心配していたのですが、元気な新芽が出てきました。
18945.jpg

こんなに元気な新芽なら、もう大丈夫かなと思うのですが、まだしばらく隔離して育てる予定です。
この記事のURL | 未分類 | CM(2) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。