スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
太陽の光は大切?
2009/11/24(Tue)
自分で交配するよりもずっと前に、鉢の周りに落ちていた種をひらって初めて種まきをして育てている株ですが、もう何年も前に初開花を期待してポットあげして開花を待っているのすが、庭の奥でストロベリーポットの影に隠れてほとんど陽が当たらない場所においているのが良くないのか・・・・大きくなっているのに一向に開花する気配がありません。

この場所以外においていたものはいくつか開花しているのに、この場所のが大きいのに開花していません。

クリスマスローズの開花の条件に太陽の光は不可欠なのでしょうか?

92172.jpg

92173.jpg

株もとも、しっかりしているのに、今期は咲いてくれるのかなあ・・・・

↓2007年から、開花を待っている白いポットに植えた株です。

当時のポットあげの様子はこちら

今期も咲かなかったら、やっぱり原因は光かな ?

スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(4) | ▲ top
2005年の種まきからの開花
2009/03/21(Sat)
私が初めてクリスマスローズの種まきをしたのは、2005年でした。

鉢のまわりにこぼれ落ちた種をひらって播いたのが、種まきのはじまりでした。

その頃はまだ交配をするということさえも考えられなく、たまたまガレージのコンクリートの植えにおいていた鉢から種がこぼれているのを見つけて、播いたのがはじまりです。

白いセミダブルのまわりに落ちていたものと、アプリのシングルの周りに落ちていたものと、後いくつかひらって播いたのですが、1年後には100ポットくらいの苗ができた記憶があります。

でも、お友達が来たりすると、いくつかづつ差し上げたり、枯らしたりして、最終的にはそんなに沢山は残っていないのですが、4年目にしてやっと開花を迎えました。

91244.jpg

白いセミが咲くかと思いましたが3株はセミで後は微妙に色の違う白い花ばかりでした。

↓下のようなセミが3株。

91482.jpg

↓後はシングルばかり。

91481.jpg

91245.jpg

91246.jpg

91247.jpg

91248.jpg

91249.jpg

91331.jpg


白いセミの種が40粒くらいで、アプリの種も40粒ほどで、あと20粒がピンクや白のダブルやその他の種でしたが、アプリの方はというと、株は4年ですごく大きくなっているにも関わらず、開花したのは3つだけで、とても大きな花で、花びらにも乱れがありました。

そして、その他の種からと、こぼれ種から勝手に育ってしまったものにも、少し面白い花が咲いてくれたので、また後でアップします。


種まきをして発芽した頃の様子はこちら



この記事のURL | 未分類 | CM(2) | ▲ top
つぼみいろいろ
2008/12/28(Sun)
2005年に拾い集めた種を播いたものが、去年は少しだけ咲いたのですが、今年から本格的こ咲きそうで、つぼみがついてきました。

でも、このころはまだ、そんな大したお花は持っていなかったので、どんな花が咲くかは、あまり期待はしていないのですが、それでも、自分で初めて種まきしたお花が咲くのはとても楽しみです。

当時の記憶としては、アプリのシングルの種20粒ほどとシングルのセミダブル40粒、あと、ダブルやセミダブルの種などで、確か100粒くらい播いた記憶があります。

自然に播いて、自然に育てると開花まで4年位かかるのですね。
それに100粒くらい播いたけど、最終的にかなり減っています。

↓これは、アプリのシングルの種からのつぼみ。
つぼみも大きくて、きっとお母さんと同じような大きな花が咲きそうです。
大きな花はあまり好きではないですが、この頃はシングルといえども、アプリはとても貴重な花でした。
90818.jpg

↓これはたぶん白のセミダブルの種だと思います。
中くらいの大きさのつぼみです。

90816.jpg

↓は小さめのつぼみで、つぼみの先に小さな葉か゛ついています。
私としては、こういうかんじの小さなつぼみはとても興味がそそられて、期待大のつぼみです。
90811.jpg


これらの鉢は、庭の槇の木の下に並べていて、先日夫が庭木の剪定をしたものですから、鉢の中に落ち葉が入っていてお見苦しい写真でごめんなさい。


他にも、2006年に種まきしたものにも、少しだけですが、つぼみがついてきています。
この記事のURL | 未分類 | CM(4) | ▲ top
小さすぎる花
2008/02/04(Mon)
05年のこぼれ種から育ったものにいくつか蕾が付いているのですが、1つだけこんなものを見つけました。

期待の初開花ですが・・・

これって・・・・・

小さすぎません???

栄養失調???


19579.jpg


写真の腕が悪くて小さなものを写すといつもピンボケでごめんなさい。
ちょっとアップにするとこんな感じ



19582.jpg


プロの方から見ると、こんな花は出来そこないで、たぶん廃棄でしょう。

でも、アマチュアで、小さな花の好きな私には、なぜかとても可愛く見えます。
早速、周りの葉をカットしてあげました。

葉をカットしてあげると、原種みたいで可愛くありませんか♪

しかも、白い花


19583.jpg


そして、ミニミニコーナーへ♪
原種のデュメトラムと並べてみました?♪


19581.jpg



それにしても、どの花の種だったのでしょう???

実生で育てていると、思わぬ花が咲いて楽しみですね。


ところで、FC2プログには拍手機能が付いているので
皆さんにアンケートさせてください。

今日の花については、賛否両論あると思いますが、「この花、面白い」と思われる方、拍手をお願いしてもいいでしょうか?




この記事のURL | 未分類 | CM(7) | ▲ top
早かった1年間
2007/12/31(Mon)
今年も後わずかで終わりですね。
薔薇とクリスマスローズを育て始めて、1年が経つのがとても早く感じるようになりました。

今年は、特に、初挑戦の交配などもしたため、開花、交配、採取、早期発芽、ポットあげ、普通の種まきと1年中忙しかったです。
プログもヘレボオフシーズンもせっせと更新していました。
そんなヘレボ育成初心者のつたない私のプログに訪問していただいてありがとうございました。
いろいろアドバイスしていただいたり、種や苗の交換をしていただいたり、本当にありがとうございました。
来年も更新はマイペースになると思いますが、どうぞ宜しくお願いします。


さて、クリスマスローズは種を蒔いてから、咲くまで年数が長くかかる・・・ということですが、
2005年に種まきしたものにいくつか、蕾がついてきました。
特に交配したわけではなくて、自然まかせの種。
しかも、当時は花の数も少なかったので、同じものばかり蒔いた種。
以前にも書いたのですが、たとえば、白いセミダブルの種40粒とかアプリのシングルの種たくさんなど・・・
そんな中で白いセミダブルの自然交配の種から育ったものの中のいくつかに蕾が見えてきました。
白いセミダブルの大きく育ったものから、この塀の上に並べているのですが、今のところ6つに蕾を確認。
19396.jpg

19400.jpg

19399.jpg


40株の中でポット上げをしたのは、半分だけなので、開花が期待できるものは少ないのですが、種を蒔けば、いつか咲く・・・その最初の時期がいよいよやってきました。

でも、きっと白い花ばかり・・・なんて事でも、初開花の期待は大きいですね。

今期、来期はまだ、自然交配の種、その次の年から、交配の結果が見られるのかと思うと、やっぱり、長いかなとも思いますが、そんな日もそのうちやってくるかなと気長に待ってみます。
この記事のURL | 未分類 | CM(6) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。