スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
今年も咲いたムルチフィダス
2009/02/25(Wed)
私の一番のお気に入りのムルチフィダスが開花しました。
小さな株なので、植えかえができていないのですが、たくさんつぼみをあげてくれました。

91103.jpg

91104.jpg

そばを通っただけで、香りがしてきます。

スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(7) | ▲ top
ムルチフィダス
2009/02/06(Fri)
お気に入りのフルチフィダス。

91020.jpg

とても小さなお花で、香りもあります。


この記事のURL | 未分類 | CM(8) | ▲ top
香りのムルチフィダス
2008/03/04(Tue)
去年から育てている横山ナーセリー産のムルチフィダス。
とても強い香りがあります。
ヘレボの香りを言葉で表現するのは、難しいのですが、なんとも言えない香りです。
花の直径も2センチで、コロンとしていて、とてもかわいくて、お気に入りの花です。
去年、2株購入して育てていましたが、1株は夏の間にだめにしてしまいました。
残ったこの株は、1年でずいぶん大きくなって、花茎もたくさん上がっています。


19872.jpg


上の画像を裏から見たところ。
まだしべが開いていないときはまん丸です。


19874.jpg


そして、↓は、今年、陽春園さんで購入した、同じく横山ナーセリー産のムルチフィダス。
こちらの方が少しお花は大きいのですが、2つ並べて写真を撮ろうと、顔を近づけたら、今年買ったムルチフィダスにとても甘いいい香りがします。

今まで、香りについて、「何とも言えない香り」とか、「言葉で表現できないけど、悪い香りではないけど、微妙」としか表現できなかったのですが、初めて、「スイートないい香り」と断言できる香りの花に出会いました。


19871.jpg


花径は3センチで、コロンとしていて、ライトグリーンのきれいな色です。
つぼみの時はウーパールーパーに似ています。
こんど、つぼみの写真も載せますね。
この記事のURL | 未分類 | CM(8) | ▲ top
ムルチフィダス
2008/02/26(Tue)
↓の画像の中に3つのムルチフィダスがあります。
19743.jpg


画像中央の小さな株。
去年、あまりのかわいらしさに連れて帰ってきた小さな花です。
去年は、花径が1?2本だったのですが、今年は、小さくてもたくさんの花径が立ち上がってきています。
蕾がやっと開きかけてきました。


19750.jpg


後、一番上の画像の一番手前に映っている、明るいグリーンの丸い蕾が今年購入のムルチフィダス。そして、一番手前の葉がもじゃもじゃの株も苗から育てているムルチフィダス。
もじゃもじゃの葉の中に隠れて小さな緑の蕾が膨らんできています。

ムルチフィダスも香りのあるものもあるのでとても楽しみです。
この記事のURL | 未分類 | CM(2) | ▲ top
ムルチフィダス
2008/01/16(Wed)
去年は、小さなムルチフィダスの開花株と出会いがあり、2株購入して、その小さなかわいい花と香りですっかり私を虜にしてしまったムルチフィダスですが・・・
残念ながら、1株は夏以後にだめにしてしまいました。
最後の最後まで、手当てをしたのですが、結局、だめになって、とても残念な思いをしてしまいました。

その残りの株に、蕾が見えてきました。
葉がすっかり紅葉しています。(こういうのは、紅葉とは言わないかも・・・)
花も小さいのですが、蕾もとても小さいです。

19477.jpg

やっと葉をカットしました。
写真がピンボケでごめんなさい。

19503.jpg


そして、これは、ブラック○ンビさんで購入した、ムルチフィダスの小さな苗を育てていたものですが、まだ、株も小さく、葉も大きく展開してきて、今年の開花は無理そう・・・
19504.jpg

・・・と、思っていたら、葉の間を掻き分けるようにして覗くと、中に何やら見えている・・・
蕾か?はたまた葉の折りたたまれたものか?・・・
上の株の蕾のつき方からすると、こんなに葉がもこもこなら蕾の確立は少ないでしょうか。

19505.jpg
この記事のURL | 未分類 | CM(4) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。